ホーム >> リサイクル事業

リサイクル事業

地球に優しいリサイクル

地球に優しいリサイクルを目指します。

廃棄物の適正処理は重要な企業戦略です

産業廃棄物の最終処分場の残余年数は年々減少し、もはや限界に近づいています。一方で、産業廃棄物の不法投棄等の不適切処理が大きな社会的問題となっています。今後、企業に求められる責任はますます大きくなっていきます。

レックスはこれからの循環型社会におけるこれらの問題を地域社会において適正に解決するため、サーマルリサイクル事業を通じたゼロエミッション活動に大きく貢献していきます。

ページのトップへ

サーマルリサイクル事業

リサイクル方法

リサイクルには、次のようにいくつかの方法があります。

リマニュファクチャリング
製品として再生産する
リユース
使用済みの製品から部品を取り出して再生後に他の製品に取り付ける
マテリアルリサイクル
材料として再生する
ケミカルリサイクル
原料として再生する
サーマルリサイクル
燃焼させる事でエネルギーを回収する

また、別の分類方法として

クローズドリサイクル
使用済みの製品を同一の製品に再利用する
カスケードリサイクル
品質の低い製品として再利用する

等があります。

さらに最近では、廃棄物から生産工程の見直しを行なう「インバースマニュファクチャリング」といわれる 循環型生産システムが注目されています。

固形燃料詳細はこちら

rpf

サーマルリサイクルを実現するためには、二酸化炭素の 発生削減に寄与しながら、石油や石炭などの化石燃料の代替燃料となるエネルギーが求められています。 現在、その固形燃料としてRPFとRDFがあり、ハンドリングの良さや安全面などからRPFが注目されています。

レックスのリサイクル活動

レックスは、特種東海製紙グループにおけるサーマルリサイクル事業の担い手として、廃プラスチック類・紙くずの収集運搬と固形燃料製造を行なっ ています。レックスが考える地球に優しいリサイクルとは、取引先企業の皆様とのパートナーシップにより、より安全で、より確実なリサイクルを共に構築することです。

ページのトップへ

サーマルリサイクルフロー

サーマルリサイクルの流れ

原料の集荷→RPF(固形燃料)製造→固形燃料の燃焼
原料の集荷
1. プラスチック類
PVCを除く熱可塑性樹脂
  • PE(ポリエチレン)
  • PP(ポリプロピレン)
  • PS(ポリスチレン)
  • PET(ポロエチレンテレフタレート)
  • ABS(エービーエス)
  • PC(ポリカーボネート)
  • PA(ナイロン)
  • PMMA(アクリル)等
2. 紙くず
古紙にならない紙類
  • 裏カーボン伝票類
  • ラミネート紙
  • 損紙類


※原料の具体的な例はこちらをご参照ください。

RPF(固形燃料)製造
  • ■ 受入計量・原料Check
  • ■ 燃料化不適合物の除去
  • ■ 出荷先の製品基準
  • ■ 配車・運送
固形燃料の燃焼
固形燃料の燃焼イメージ

ページのトップへ